育児休業延長を延長したときの社会保険料、免除の制度はどうなっている?

この記事でわかること
  • 育児休業の社会保険料免除の延長制度を知る
  • 忘れず手続きをして社会保険料の負担を減らす
  • 延長の届出を忘れたときどうすればいいか など

基礎知識

育児休業を延長する方が増えています。延長するときは、社会保険料の免除もあわせて延長する必要があります。

言葉の定義

育児休業の延長に伴う社会保険料の免除とは、従業員から申出のあった育児休業の期間よりも実際の育児休業期間が延長となったときに、社会保険料の免除期間も延長となる制度です。

企業が免除手続きを行う必要があり、育児休業を延長した月から育児休業が終了した日の翌日が含まれる月の前月までが、社会保険料免除の延長期間となります。社会保険料が免除されている期間中も、健康保険や厚生年金の資格には変更はなく、将来の年金額を計算するときは免除期間も保険料を納めた期間として扱われます。

なぜ必要?

育児休業を延長したときに社会保険料免除の延長手続をしないと、企業と従業員それぞれに社会保険料の負担が発生します。忘れずに企業から届出を行わなければなりません。

リスク

手続きを忘れると育児休業の延長期間中も社会保険料が免除されません。免除手続きをしなければ、年金事務所から通常通り企業へ請求があるため、納付義務が発生します。

対象企業

育児休業取得中の従業員がいるすべての企業

対象者

社会保険に加入している育児休業取得者

実施期間

育児休業の延長申請をする申出の都度

メリット

企業と従業員それぞれの社会保険料負担が軽減される

 

やること

従業員から、育児休業を延長したいと申出を受ける

育児休業の延長の申請は、「育児休業期間変更申出書(任意書式)」を使用し書面で提出をしてもらいます。このとき、就業規則などで決めた育児休業の延長理由に該当するか確認します。

子どもが1歳の誕生日の時点で、認可保育所に入所できないことが理由で育児休業を延長するときは、市区町村が発行している入所不承諾通知などを従業員から提出してもらい、入所ができなかった事実確認を行います。この入所不承諾通知の書類は、雇用保険の育児休業給付の延長手続きでも必要になります。

「育児休業取扱通知書(任意書式)」を作成し、従業員に渡す

育児休業取扱通知書は、育児休業期間、休業中の給与などの取扱い、復職時の労働条件などを記載した書面です。
育児休業の取得者条件に該当しないときは、理由を記載して通知します。

育児休業の延長が決まったら、「健康保険・厚生年金保険 育児休業等取得者申出書(新規・延長)/終了届」を企業が作成する

「健康保険・厚生年金保険 育児休業等取得者申出書(新規・延長)/終了届」は、日本年金機構のサイトからダウンロードできます。書類の「共通記載欄(新規申出)」と「A.延長欄」に必要事項を記載します。

添付書類:なし
申請先:事務センター
提出方法:郵送または持参
※事務センターは郵送のみの受付

日本年金機構から届いた確認通知書(健康保険・厚生年金保険育児休業取得者確認通知書)を確認する

日本年金機構から確認通知書が届いたら、記載されている育児休業等開始年月日、育児休業等終了予定年月日が正しいかを確認します。
育児休業の社会保険料免除期間は、月単位で計算します。社会保険料延長の免除期間は、育児休業を取得した月から育児休業が終了した日の翌日が含まれる月の前月までです。

【例】
出産日        :2019年10月4日
産前産後休業期間   :2019年8月24日~11月29日
当初の育児休業期間  :2019年11月30日~2020年10月3日
延長した育児休業期間の終了日:2021年3月31日
育児休業の終了日の翌日:2021年4月1日
社会保険免除期間   :2019年11月~2021年3月

よくある質問

Q:延長期間の免除の届出を忘れていました。子どもが1歳になるまでの申出書しか提出していません。今から提出しても社会保険料の免除は延長されますか?

延長されます。
なぜ手続きが遅れたのか理由を記載した「遅延理由書(任意書式)」と、健康保険・厚生年金保険 育児休業等取得者申出書(新規・延長)/終了届」を早急に事務センターまたは年金事務所に提出してください。

Q:育児休業による社会保険料の免除期間が長いと、将来の年金が減額されるのでしょうか?

減額されません。
育児休業や産前産後休業期間中の社会保険料の免除期間は、年金額の計算では保険料を支払ったものとして計算されます。

Q:企業の就業規則で、3歳までの子どもが育児休業期間の対象となっています。子どもが3歳になるまで社会保険料の免除を受けられますか?

受けられます。
企業の就業規則などで、育児休業の期間を子どもが3歳になるまでと独自に決めているときは、最大3歳まで育児休業の社会保険料を免除することができます。
ただし法律上では、3歳の誕生日の前日までと計算します。つまり、社会保険料の免除が受けられる最大の期間は、子どもが3歳の誕生日の月の前月までになります。

【例】
3歳の誕生日   :2020年3月3日
3歳の誕生日の前日:2020年3月2日
育児休業の終了月  :2020年2月

関連記事

難易度と必要性
難易度
★★☆
必要性
★★★
HRbase Solutionsでの、必要性の考え方
法的に必要★★★ / 条件により必要★★☆ / 法的には不要だが会社には必要★☆☆
HRbaseからのアドバイス

育児休業取得後、1度社会保険料の免除手続きをしたら安心してしまって、育児休業の期間延長に伴う手続きを忘れてしまう方が多いです。育児休業を取得したときだけでなく、育児休業が延長になったとき、育児休業の終了日が変更になったときなども、必ず届出をするよう注意しましょう。

新規CTA
新規CTA

関連記事

Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
新規CTA
新規CTA