労働保険、一括されている事業場がわからない! 非該当の事業所の確認方法は?

この記事でわかること
  • 労働保険で一括されている事業場を確認する手続きと流れ
  • 労働保険で一括されている事業場の確認方法を知る
  • 「継続一括事業リスト」に事業場の記載がありません。労働保険が成立しているかどうか確認する方法はありますか?など

基礎知識

多店舗展開をしている企業などでは、事業所の管理がおろそかになり、労働保険の成立ができていないことがあります。

言葉の定義

労働保険(労災保険・雇用保険)の一括とは、同じ企業で複数の事業場(本社、支店、営業所など)ごとに成立している労働保険を1つの指定事業(本社など)にまとめることです。事業場が増えたときに適正に手続きが行われず、どの事業場が指定事業に一括されているかわからなくなったら、確認が必要です。
一括には、事業の期間が決まっておらず継続する予定の事業をまとめる「継続事業の一括」と、事業の期間が決まっている事業をまとめる「有期事業の一括」の2種類があります。ここでは「継続事業の一括」について記載しています。

なぜ必要?

労働保険の成立が適正に行われているかどうか確認ができます。

対象企業

継続事業一括を行っているすべての企業

実施期間

随時

やること

労働基準監督署から必要な書類を取り寄せる

指定事業を管轄する労働基準監督署から「労働保険継続事業一括認可確認照会(任意書式)」の書類を取り寄せます。都道府県によって書式が異なるので、労働基準監督署から取り寄せることをおすすめします。

書類を作成し、届出を行う

「労働保険継続事業一括認可確認照会(任意書式)」を作成後、届出を行います。

添付書類:なし
届出先:指定事業を管轄する労働基準監督署または都道府県労働局適用・事務組合課
届出方法:郵送または持参

継続事業の一括をしてるリストが届く

ステップ2で届出した労働基準監督署または労働局より、労働保険を一括している事業場のリスト(継続一括事業リスト)が郵送で届きます。

リストを元に労働保険の成立状況を確認する

継続一括事業リストを元に、一括している事業場を確認し、リストに記載がない事業場を確認します。一括の手続きが漏れているときは手続きを行います。

よくある質問

Q:「継続一括事業リスト」に事業場の記載がありません。労働保険が成立しているかどうか確認する方法はありますか?

あります。
管轄の労働基準監督署へ相談する、または「労働保険適用事業場検索」で成立しているかどうかを調べられます。

参考|厚生労働省サイト
労働保険適用事業場検索

Q:「労働保険継続事業一括認可確認照会(任意書式)」を届出後、どのくらいで「継続一括事業リスト」が送付されてきますか?

1週間前後です。

難易度と必要性
難易度
★☆☆
必要性
★★☆
HRbase Solutionsでの、必要性の考え方
法的に必要★★★ / 条件により必要★★☆ / 法的には不要だが会社には必要★☆☆
HRbaseからのアドバイス

新店オープンなどで忙しいときは、労働保険の成立の手続きが漏れやすく、どのお店の手続きを行ったか、行っていないかわからなくなるケースがあります。そういうときに「継続一括事業リスト」を取り寄せると、一括している事業場がわかるので便利です。あまり一般的には知られていない手続きですが、一括している事業場がわからなくなったときは、ぜひ利用してみてください。

新規CTA
新規CTA

関連記事

Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
新規CTA
新規CTA